普通の牧場で、普通の酪農家はしないことにチャレンジする酪農ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


牛に願いを Love & Farm [ 第8話 ]
2007年08月22日 (水) | 編集 |
070822

昨日も牧場の坊っちゃん
「牛に願いを Love & Farm」見たようやなぁ

第8話も涙ポロポロしながら見てた
第6話あたりから涙、涙、涙ストーリーになってきたなぁ

酪農経営が厳しいってドラマで言うてたよね
今日の農業新聞にこんなことが書いてあった

『生産調整による乳牛削減、猛暑による乳量低下、乳価低迷
 これらの影響により収入減となり廃業する農家が増えている』

現在、生乳生産調整により1戸あたりの出荷量が制限されていて
この出荷量に合わせて数頭の乳牛を淘汰(引退)させた
しかし、この夏の猛暑により1頭あたりの乳量が低下し
目標の出荷量にも到達しない状況になってきた
エサ代の高騰などでギリギリで経営しているところにとって
乳価が低いこともあり出荷量が減ると収支のバランスが崩れ
仕方なく廃業する農家が増えてるってことなんだろうな

ドラマでバンクリーナー(写真)の修理代に100万かかるって
このバンクリーナーって牛の糞尿をコンベヤで運ぶものなんやけど
当牧場でもごくたまに故障することがある
ある程度の事なら牧場の坊っちゃんたちで修理するんやけど
原因不明なら業者を呼ばないといけない
自分達で修理すればタダやけど業者呼べば数十万円になることも

幸い、当牧場は今のところ経営の危機ってことはないけど
それは出費をできるだけ減らす努力をしてるからかな

だんだん機械も古くなってきてるし新しく買い替えも必要やけど
ただ、酪農の機械って特殊やから高価なんやなぁ
えっ!これが数百万もするの!!って驚くようなのもある

国別の物価があるように職業別の物価があったとしたら
酪農物価では軽自動車でも300万円ぐらいになるんとちゃうかな

今の酪農氷河期をどうにか今の設備で乗り越えて
将来、再び酪農が盛り上がることを祈るしかない
酪農が盛り上がる前に機械が悲鳴をあげてしもたら・・・

※当ブログはblogランキングに参加しております。
  皆様の応援に大変感謝しております。


メインサイトではブログに登場する牛さんの名前を募集しています。
 もちろん完全無料!どうぞお気軽にご参加下さい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
先程 TVのニュースで、
「JR駅前で、酪農家たちが、牛乳の消費拡大を訴えていた。」と言っていました。牛さんと酪農家さんが安心して暮らせるような世の中になって欲しいものです。
2007/08/23(木) 22:02:52 | URL | ヒメ #-[ 編集]
RE: ヒメさん
ついに酪農家さんが動き出しましたか。消費が増えない以上、酪農家の減退は確実です。いままでみたいに搾ってるだけでいい時代は終わったってことでしょうね。残念ですが、これも時代なんでしょう。
2007/08/24(金) 20:45:03 | URL | WEB牧場 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。